Take Action

雑記ブログだにゃ

台風被害を利用する悪徳リフォーム業者を見抜け

毎年この時期になると台風被害によって、屋根が飛んだり雨漏りしたり等々

家が痛む時期でもありますね。

 

f:id:nakaoka-j:20181004225037j:plain

強風で屋根が飛ばされた。。。。知り合いの業者に見てもらう。。。。損害状況によっては火災保険が適用されるので、今は忙しい業者さんも多いかと思います。

しかしながら、その状況を利用して破格な工事代金を請求する業者も存在します。

 

一例としては

(いきなり訪問してきて、社名も言わずに勝手に屋根の上に上って、これ痛んでるからすぐ直したほうがいいよ=と、今ならこのくらいで(具体的な金額言ってきます)直すから~と、写真を見せて。。。。。とここが問題!

実際その家の写真ではないものを見せてくる場合もあります。

まず一手目に注意したいのは社名を名乗らない業者

これは完全にアウトです!

 

次に、こちらの了解も得ずに勝手に屋根の上に乗る業者

これもアウトです!

 

断り方の一番は、「いつも知り合いの業者に頼んであるから結構です!」

ときっぱり言うこと!

業者はどこの会社ですか?聞いてくるので答えないほうがいいです。

必ず知ったふりをして、「あーあの会社かーあそこはやめたほうがいいよー」と

悪口を言ってきます。

自分の会社名は名乗らないのにね。。。。www

 

一応名刺をいただけますか?と言うと、「あーいまきらしてるんだよねー」とはぐらかしますw

 

いつまでも退散しないようなら、警察へ連絡してください。

そぶりでもいいです。一応は退散はしますが、ご近所さん付き合いがある方なら

近所にも注意喚起を促してくださいね。

 

車で来ていたらナンバー控える等しておくと尚よいです。

こういった業者にやられてしまい、呼ばれて屋根に上ったら何も工事した形跡がない事がほとんどでした。

 

ワタシはハシゴで上れない場所の時はドローン空撮でワタシは撮ります!

結構安いのね(笑)

 

 

ちなみに一般的に私たち職人は呼ばれたら屋根に上り、写真を撮りその場で確認をしてもらって

見積もりを出して、OKなら工事をします。台風被害は保険会社も絡むので

後日工事になることの方が多いですが、よほどひどい場合は仮に応急処置だけしておきます。その場で請求することもありません。

 

あまりまとまってなく申し訳ないのですが。。。。

 

とにかく屋根には上らせない!

家の中に入らせない!

社名を聞く!

警察をちらつかせる!

 

この点を覚えておけば、悪徳業者に騙される可能性は少なくなります。

台風被害でなくても、年末、年度終わり等にこういった案件は多いので

皆さん注意してくださいね!