Take Action

雑記ブログだにゃ

失敗を活かす 人生は失敗なしでは語れない

こんばんわ^^

今日はどんな議題で書こうかなと思いましたが、この本を読んで少し感想と

自分なりの提唱をしていきたいなと思います。(そんな偉そうにいえませんがw)

 

この本を手にする機会があったので、少し読んでみました。

失敗、過失、不注意。。。こんなことは仕事上、人生で生きてくうえであまり使いたくない言葉ですよね。

でも、完璧な人間なんていないし、免れない経験なのかも知れません。

この本の著者で東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏は、本の中で

小さな失敗から得た知識が次の失敗を起こさないための軌道修正の働きをし、さらには次の成功へと転化していきます

と言われています。なるほどなと、これわかっていてもなかなか思考を変えられないときにプラスに考えられるヒントなのかもしれません。

生きていると、思わぬ事態に見舞われることがあるし、そうした”禍い”の時に、どのような姿勢、思考で向き合っていけるのかによって、その先の未来はかわっていくんだなあと思います。

 


 

 

 

失敗を成功に・・・・試練を成長に・・・・

全部がプラスに動いていくには失敗という経験値が、出来事がプラスに転じていくためには不可欠なのかもしれません。

そりゃ、人間失敗すれば落ち込みます、投げたくなります。

でも、そこでマイナスをプラスに転じていけるかで変わっていける、何か行動をおこせば何かが変わる。そう思いながら毎日過ごしています。

思考だけで人生うまくいくわけではありません、でも色んなことを吸収して人間て生きているし、成長できるんだと思います。

人生の振り幅は人によって全然違います。でも先駆者や、身近な先輩の背中を見れば

失敗してない人なんていないと思います。(たぶん。。。)

 

失敗を単なる失敗に終わらせないために、新たな創造というプラスの方向へと転じて行きたいですよね。

挫折を味わうたびに、強くなれた自分もいました、失敗が勉強になることなんて沢山ありました。

人生年齢なんて関係ないとワタシは思います。なので何かつまづいたり、落ち込んだり

したときは、新しいことにチャレンジするのもいいかもしれませんよ。

ブログ始めたきっかけもある意味そうだったし、始めてから色々勉強になること多いし

毎日、仕事だけして帰宅して晩酌してTVみて寝る。。。。それはそれでいいのかもしれませんが、あまりにもつまらない人生だなあと思います。

24時間365日・・・・これだけはみんな平等なんですよね。

失敗なんて恐れずに、色んな引き出しを探ってみる人生もなかなか面白いですよ!